鎌倉発、こころとからだのデトックスサロン。貴女のほんとうのキレイを実現します。

自己紹介

こんにちは

マノマッジオオーナー、蔵多のり子です。

 

なぜ、自宅サロン:マノマッジオを開業するに至ったのか

聞いていただけますか?

 

 

私は、父(旧国鉄)の仕事の関係で小学校3回、中学校2回

高校も2回という転校生活を送っていました。

 

お友達になったと思えば

すぐさようなら。

そんな目まぐるしい学校生活でしたが

高校1年の時父が病気で亡くなりました。

 

まだ51歳の若さです。

 

必然的?に医療の道に。

保健師として地域住民の健康管理と

公衆衛生活動をしていました。

そんな折、

デザイナーとして、徹夜続きの生活を続けていた

姉が36歳の若さで亡くなりました。

 

若くして身内を2人も失った私は

姉の分までと、自己実現に向かって走り出しました。

目標を定め、勝ち取っていく。そのため転職も3回。

向上心と言えば聞こえは良いのですが、

負けるもんか~、なんて強がっていました。

 

今から思えば、傲慢そのものです。

 

それなりに自己実現していったので、

ますますパワーアップしていきました。

 

しかし、最後の転職を果たし、もっとー、と思っていたのですが、

大企業ゆえのままならぬ組織改革、人間関係で、夢が途切れる。

ある時から今までの付けが回って来ました。

 

・自己価値感のない出来事が続く

⇒ 争わなくてもそのままでいいんだよ。

・階段から転げ落ちる

⇒ (打ち身だけですんだ)もっと足元を見なさい

・トラックとぶつかる

⇒ (右足親指の骨折だけの九死に一生を得る)もっと人の役に立ちなさい

・人間関係がギクシャク ⇒ 相手をすべて受け入れるんだよ

 

 

何をしても上手くいかない。

いくら努力しても状況は悪化するばかり。

なぜ????

何が悪いんだろうと、いろいろ思い悩みました。

 

気づきを与えてくれる出来事だったのですが、

その時は、全く気が付かない。

まだ気がつかないの?と言わんばかり出来事が起こります。

 

そんな折、訪れたバンコクで

インディバの第一人者:マダム陽子と出会い、

健康を追求する施術に魅了されたのです。

これも必然の出来事だったのでしょう。

定年後サロン開業できれば、という軽い気持ちで

旅行を兼ね年2回バンコクへ勉強に通い始めました。

 

2011年3月11日、忘れもしない東日本大震災発生。

 

その年の8月、健康診断の精密検査結果で病気が見つかりました。

お陰さまで4時間にも及ぶ手術でしたが、元気に回復しました。

その時、人生何が起こるかわからない、と強く実感。

バンコクで4年間勉強できたことにも意味がある。

そして、命を与えられた感謝の気持ちがこみ上げ、残された人生をどのように送るのか。

自分の病気を通して人にお役に立つようにと、気づきを下さったように感じました。

 

『命ある限り、本当の健康へのお手伝いをする』という使命

 

そう思ったら実行に移すのみ。

会社を退職し、サロンを開業、現在に至ります。

これからもっと皆さまのお役に立てるよう、進化してまいりますので、

どうぞよろしくお願い致します。

インディバケアエステの素晴らしさを鎌倉から伝えていきます。

マノマッジオでは今エステ業界で注目を集めるインディバエステを鎌倉から伝えており、実際に高い美容・健康効果をご堪能いただけます。
インディバエステの効果は身体の芯から温め、新陳代謝をアップさせ、老廃物の排出やターンオーバーを活発化させる事により、身体の内側から健康と美しさを作り上げる新しい形のエステになります。

お問い合わせはこちらから TEL 080-5017-1895 10:00ー19:00(最終受付・不定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP